豊島屋とは

edo_toshimaya01

「昔徳川入国のその以前より草分けと、人も知ったる豊島屋は……、」と歌われていたように、豊島屋は江戸幕府が始まるより少し前、1596年に鎌倉河岸(現在の千代田区内神田2丁目の鎌倉橋交差点付近)で開業した。東京最古の酒舗

初代当主十右衛門は “酒屋、及び安 くて旨い酒を提供する店”を開き、酒の肴として、美味で、特別大きな田楽を販売して大評判となり、大いに繁盛したという(これを居酒屋の原型とする説もある)。

寛政の改革の頃には江戸商人十傑に指名され、幕府の指示で市場の相場を操作する程に豊島屋一族は成長した。また、歌舞伎の「助六」、「東海道中膝栗毛などにも取り上げられている。

豊島屋本店は、関東大震災の前後に鎌倉河岸から神田美土代町に移り、東京大空襲で店舗を喪失した。戦後再開しようとしたが、進駐軍に当地一帯が接収されたため、現在地の神保町の地で再開し、現在に至る。

また昭和の初期に、白酒、清酒、味醂等を醸造する豊島屋酒造株式会社を分離独立させた。接収解除後は、神田美土代町にビルを建築し別会社(有)豊島屋ビルとなった。

小説の鎌倉河岸捕物控(佐伯泰英著)」、「鬼平犯科帳(池波正太郎著)」などの舞台としても登場している。